オルドギアについてAbout

私たち OLDGEARオルドギア は、
仕入れからリノベーション、再販・アフターサポートを一貫して行う

レディメード・オートクチュール (Ready-made haute couture) というリノベーションの新しいカタチを提案しています。

私たち OLDGEARオルドギア は、
仕入れからリノベーション、
再販・アフターサポートを
一貫して行う

レディメード・
オートクチュール (Ready-made haute couture)
というリノベーションの
新しいカタチを提案しています。

私たちの仕事は調理に似ています。

たとえば、料理人が一番大切にしている食材選び。
これは私たちにとっても同じです。
リノベーションの素材となる不動産選びには厳しい項目をクリアしたものでなくてはいけません。
食材同様、不動産も鮮度があり、そして将来における資産性は大切です。

そして食材をバランスよく組み合わせ、焼いたり、蒸したり、煮込んだり。時には素材をそのまま頂く事もあるかもしれません。
技法や調味料を巧みに使い、“その一品”を完成させます。
私たちもリノベーションを通して、不動産が新たな価値(付加価値)を持つようにクリエーターや建築作家を交えて、“その一品”を企画・プロデュースします。

もちろん、味付け前の下ごしらえ(配管などの見えないところの点検)も大切なひと手間です。
料理が完成したら、それが引き立つお皿やお椀を選んで盛り付けます。照明計画やインテリアコーディネートがそれです。

そして生活動線や質感、ディテールを含む建築デザインの中にアートなどの芸術的感性に触れる表現を散りばめながら、文化的な暮らしを提案したいと考えています。

料理人が“その一品”を食す人の顔を思いながら創作しているのと同じに、私たちもそこに住む人や家族を思いながら建築作品を創作しています。

何気ない毎日の暮らしが、文化的で豊かな暮らしとなるように。

OLDGEARオルドギア に込めた思い

OLDGEARは、OLD(古い)GEAR(歯車・装備)を組み合わせた造語で「古い歯車・装備」という意味です。

年季の入った古く錆びれた歯車に、一滴のオイルを注す。止まりそうだった歯車がしっかりとした音を立てながら、力強く動き出す。積み重ねたドラマと一緒に、新しいGEAR(装備)をつけて-。

リノベーションは、ただ刷新するという意味だけではないと考えています。時という捉えどころのないものにも、たくさんのドラマがあります。私たちは、人、暮らし、環境など様々な場面が積み重ねた時間をも大切にしたいと、その想いを込めました。

サムネイル